セフレ欲しい人に朗報【チビ・デブ・包茎の童貞でも出来ました】

MENU
RSS

 昔から小太りだったし、顔はブサメンだし、異性から相手にされたことがありませんでした。
性格的な部分は決してオタクではないと思うのですが、それでも見た目の感じと名前から、渾名はオタって言われていたんです。
こんな自分だから、女性とお付き合いをすると言ったこともありませんし、小心者だから風俗に行くようなこともありませんでした。
この年齢になるまで女性の身体で気持ちよくなる事がありませんでした。

 

 この年齢まで性的な部分の処理と言うのは、利き腕を利用してきたのです。
正直、かなり虚しいものがありましたし、本当に満足すると言ったことはありませんでした。
一時しのぎの快楽は楽しむことが出来たとしても、所詮は自分でする行為ですから、やはり女性との関係での快感を楽しんで見たい、精神的な満足感と言ったものも、興奮度といったものもさらに欲しいと強く思うようになってはいました。
しかし、人生今までオタクと馬鹿にされてきたし、その風貌も自分では承知をしている事から、女性との関係を持つと言うことも積極的になることが出来ませんでした。
自分では相手にされないことは誰よりも理解しているつもりです。
それでもやはり美しい女性の身体で、快楽を思う存分楽しんで見たい気持ちは、誰よりも強く持っていたと思います。
しかし、小心者である自分としては実際に女性と対面をして、告白したりナンパしたりと行った行為は確実に出来ないのは間違いがありません。
今まで一度だってそうやって女性に接触をしたことがありません。
このことから、いつもインターネットのエッチな画像や動画、レンタルDVDを利用して性的な快楽を楽しんでいたのです。
それでも自分はやはり生身の肉体で、素晴らしい快楽の世界を満喫していきたいと心の奥底では思っていました。
しかし、セックスに対して、そして女性の肉体に対して、自分の関心は強まるばかり、気軽に関係を持ってくれるような
セフレが欲しいと切望する気持ちがかなりの勢いで持ち上がってきたのです。
一度、セフレ欲しいと考えるようになると、我慢ができない状態になってきました。
リアルな世界では、女性と接触することが難しい自分にとって、インターネットを利用した出会いと言うものを使って、エッチな関係を持ってくれる女性を探してみたいと思ったのです。
自分のようなキモイタイプの男でも、相手にしてくれるようなセフレが欲しい、たいへん広大な電子の海の中にはそんな女神のような女性だっているんじゃないかと思えたのです。
頭の中はセフレ欲しいと言う考えでいっぱいになってしまって、何とか勇気を出して出会いを探してみようかと決断していったのです。

セフレ欲しいと言う気持ちが、重い腰を動かしてくれました。

 

 

 

自己紹介:
名前:拓雄
性別:男性
年齢:38歳

 

今まで女性とお付き合いをしたこともなく、セックスの経験もない童貞で平凡なサラリーマン。
チビでデブな容姿から、女性に相手にされることが全くなかった。
30代の童貞と言うことで、性的な部分の不満が極限に達している状態で、思い切ってインターネットでエッチな相手を見つけてみようと決心をしていく。